Menu Close

5.2. 非ネットワークベースのデプロイメントワークフロー

5.2.1. Image Builder CLI を使用した Edge Container イメージブループリントの RHEL の作成

RHEL for Edge Container イメージのブループリントを作成するには、以下のステップを実行します。

手順

  1. TOML 形式で、以下の内容でプレーンテキストファイルを作成します。

    name = "blueprint-name"
    description = "blueprint-text-description"
    version = "0.0.1"
    modules = [ ]
    groups = [ ]

    詳細は以下のようになります。

    • blueprint-name は名前で、blueprint-text-description は Blueprint の説明になります。
    • 0.0.1 は、Semantic Versioning スキームに従って、バージョン番号に置き換えます。
    • モジュール は、イメージにインストールされるパッケージ名とそれに対応するバージョングロブを記述します (例: パッケージ名 = "tmux"、対応するバージョングロブのバージョン = "2.9a")。

      現在、パッケージとモジュールには違いがないことに注意してください。

    • グループ は、イメージにインストールされるパッケージグループです (例: グループパッケージ anaconda-tools)。

      このとき、モジュールおよびグループがわからない場合は、空欄のままにしておきます。

  2. 要件に沿うように、必要なパッケージを含め、Blueprint の他の詳細をカスタマイズします。

    Blueprint に含むすべてのパッケージについて、以下の行をファイルに追加します。

    [[packages]]
    name = "package-name"
    version = "package-version"

    詳細は以下のようになります。

    • package-name は、パッケージ名に置き換えます (例: httpd, gdb-doc、coreutils など)。
    • package-version は、使用するパッケージのバージョン番号に置き換えます。

      package-version は、以下の dnf バージョン仕様をサポートしています。

    • 特定のバージョンを指定する場合は、9.0 のように、バージョン番号を正確に指定してください。
    • 利用可能な最新バージョンを指定する場合は、アスタリスク * を使用します。
    • 最新のマイナーバージョンを指定する場合の形式は、9.* のようになります。
  3. Blueprint を Image Builder サーバーにプッシュ (インポート) します。

    # composer-cli blueprints push blueprint-name.toml
  4. 既存の Blueprint を一覧表示して、作成した Blueprint が正常にプッシュされて存在するかどうかを確認します。

    # composer-cli blueprints show BLUEPRINT-NAME
  5. Blueprint に記載されているコンポーネントおよびバージョンと、その依存関係が有効かどうかを確認します。

    # composer-cli blueprints depsolve blueprint-name