Menu Close

4.9. 有効なサービス

有効なサービスとは、カスタムイメージの設定時に、osbuild-composer を実行している RHEL リリースのデフォルトサービス、および特定のイメージタイプに対して有効になっているサービスです。

たとえば、.ami イメージタイプは sshdchronyd、および cloud-init のサービスを有効にし、このサービスがないと、カスタムイメージは起動しません。

表4.2 イメージタイプの作成をサポートするために有効になっているサービス

イメージタイプ有効なサービス

ami

sshd, cloud-init, cloud-init-local, cloud-config, cloud-final

openstack

sshd, cloud-init, cloud-init-local, cloud-config, cloud-final

qcow2

cloud-init

rhel-edge-commit

デフォルトでは、追加のサービスは有効になりません。

tar

デフォルトでは、追加のサービスは有効になりません。

vhd

sshd, chronyd, waagent, cloud-init, cloud-init-local, cloud-config, cloud-final

vmdk

sshd, chronyd, vmtoolsd, cloud-init

備考:システムの起動時に有効にするサービスをカスタマイズできます。ただし、サービスがデフォルトで有効になっているイメージタイプの場合、カスタマイズはこの機能をオーバーライドしません。