Menu Close

第7章 Image Builder を使用した KVM ゲストイメージの準備とデプロイ

お客様は、ISO から手動でイメージを作成することも、Image Builder を使用して専用のイメージを作成することもできます。この手順では、Image Builder を使用して専用のイメージを作成する方法を説明します。これは、Red Hat Virtualization (RHV) に対する rhel-guest-image のサポートに限定されます。

カスタマイズした KVM ゲストイメージを作成するには、以下の手順を実施します。

  1. Image Builder を使用して KVM ゲストイメージ .qcow2 イメージを作成します。
  2. KVM ゲストイメージから仮想マシンを作成します。

7.1. Image Builder を使用したカスタム KVM ゲストイメージの作成

ここでは、Image Builder を使用して .qcow2 KVM ゲストイメージを作成する方法を説明します。

前提条件

  • root または wheel グループでシステムにアクセスできる。
  • cockpit-composer パッケージがインストールされている。
  • RHEL システムで、Cockpit UI の Image Builder ダッシュボードを開いている。

手順

  1. Blueprint の作成 をクリックして Blueprint を作成します。「Web コンソールインターフェースで Image Builder の Blueprint の作成」を参照してください。
  2. 作成中の KVM ゲストイメージの一部として必要なコンポーネントとパッケージを選択します。
  3. Commit をクリックして、Blueprint に加えた変更をコミットします。右側の小さなポップアップに保存の進捗が表示され、続いてコミットした変更の結果が表示されます。
  4. 左側のバナーの Blueprint 名リンクをクリックします。
  5. イメージ タブを選択します。
  6. イメージの作成 をクリックして、カスタマイズしたイメージを作成します。ポップアップウィンドウが開きます。
  7. Type ドロップダウンメニューの一覧から、`QEMU Image(.qcow2)' イメージを選択します。
  8. イメージをインスタンス化する場合のサイズを設定し、作成 をクリックします。
  9. ウィンドウの右上にある小さなポップアップに、イメージの作成がキューに追加されたことが表示されます。イメージの作成プロセスが完了したら、イメージ ビルドの完全なステータス を確認できます。

検証手順

  1. ブレッドクラムアイコンをクリックして、ダウンロード オプションを選択します。Image Builder は、KVM ゲストイメージ .qcow2 ファイルをデフォルトのダウンロード場所にダウンロードします。