6.3. 起動可能な ISO をメディアにインストールして起動する

RHEL Image Builder を使用して作成した起動可能な ISO イメージをベアメタルシステムにインストールします。

前提条件

手順

  1. dd ツールを使用して、ブート可能な ISO イメージを USB ドライブに直接書き込みます。以下に例を示します。

    dd if=installer.iso of=/dev/sdX

    ここで、installer.iso は ISO イメージファイル名、/dev/sdX は USB フラッシュドライブのデバイスパスです。

  2. 起動するコンピューターの USB ポートにフラッシュドライブを挿入します。
  3. USB フラッシュドライブから ISO イメージを起動します。

    インストール環境が開始したら、デフォルトの Red Hat Enterprise Linux インストールと同様に、インストールの手動完了が必要になることがあります。