Menu Close

第2章 Image Builder のインストール

Image Builder を使用する前に、仮想マシンで Image Builder をインストールする必要があります。

2.1. 仮想マシンへの Image Builder のインストール

Image Builder を専用の仮想マシンにインストールするには、以下の手順を行います。

前提条件

  • 仮想マシンに接続している。
  • Image Builder 用の仮想マシンがインストールされ、Red Hat Subscription Manager(RHSM)または Red Hat Satellite にサブスクライブされ、実行中である。

手順

  1. Image Builder およびその他の必要なパッケージを仮想マシンにインストールします。

    • osbuild-composer - RHEL 8.3 以降でサポート
    • composer-cli
    • cockpit-composer
    • bash-completion
    # dnf install osbuild-composer composer-cli cockpit-composer bash-completion

    Web コンソールは、cockpit-composer パッケージの依存関係としてインストールされます。

  2. システムを再起動するたびに、Image Builder が起動するようにします。

    # systemctl enable --now osbuild-composer.socket
    # systemctl enable --now cockpit.socket

    osbuild-composer および cockpit サービスは、最初のアクセスで自動的に起動します。

  3. システムを再起動しなくても、composer-cli コマンドのオートコンプリート機能がすぐに動作するように、シェル設定スクリプトを読み込みます。

    $ source /etc/bash_completion.d/composer-cli
重要

osbuild-composer パッケージは、Red Hat Enterprise Linux 8.3 以降の新機能すべてに焦点を当てた新しいバックエンドエンジンで、デフォルト設定として推奨されています。以前のバックエンドの lorax-composer は非推奨となり、Red Hat Enterprise Linux 8 ライフサイクルの残りの期間、一部の修正のみを受信し、今後のメジャーリリースから削除される予定です。osbuild-composer を優先するには、lorax-composer のアンインストールを推奨します。

検証

システムジャーナルを使用して、Image Builder サービスのアクティビティーを追跡することができます。さらに、ファイルにログメッセージを見つけることもできます。

  • トレースバックのジャーナル出力を検索するには、以下のコマンドを実行します。

    $ journalctl | grep osbuild
  • リモートワーカーまたはローカルワーカーの両方を表示するには、以下を実行します。

    $ journalctl -u osbuild-worker*
  • 実行中のサービスを表示するには、以下を実行します。

    $ journalctl -u osbuild-composer.service