2.2. RHEL Image Builder のインストール

RHEL Image Builder をインストールして、osbuild-composer パッケージのすべての機能にアクセスできるようにします。

前提条件

  • RHEL Image Builder をインストールする RHEL ホストにログインしている。
  • ホストが Red Hat Subscription Manager (RHSM) または Red Hat Satellite にサブスクライブしている。
  • RHEL Image Builder パッケージをインストールできるように、BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーを有効化している。

手順

  1. RHEL Image Builder とその他の必要なパッケージをインストールします。

    # dnf install osbuild-composer composer-cli cockpit-composer
    • osbuild-composer - カスタマイズした RHEL オペレーティングシステムイメージをビルドするサービス。
    • composer-cli - このパッケージにより、CLI インターフェイスへのアクセスが可能になります。
    • cockpit-composer - このパッケージにより、Web UI インターフェイスへのアクセスが可能になります。Web コンソールは、cockpit-composer パッケージの依存関係としてインストールされます。
  2. RHEL Image Builder ソケットを有効にして起動します。

    # systemctl enable --now osbuild-composer.socket
  3. Web コンソールで RHEL Image Builder を使用する場合は、それを有効にして起動します。

    # systemctl enable --now cockpit.socket

    osbuild-composer サービスと cockpit サービスは、最初のアクセス時に自動的に起動します。

  4. ログアウトおよびログインしなくても composer-cli コマンドのオートコンプリート機能がすぐに動作するように、シェル設定スクリプトをロードします。

    $ source /etc/bash_completion.d/composer-cli
  5. RHEL ホストで実行中の osbuild-composer サービスを再起動します。

    # systemctl restart osbuild-composer

検証

  • composer-cli を実行して、インストールが動作することを確認します。

    # composer-cli status show

トラブルシューティング

システムジャーナルを使用して、RHEL Image Builder のアクティビティーを追跡できます。さらに、ファイル内のログメッセージを見つけることができます。

  • トレースバックのジャーナル出力を見つけるには、次のコマンドを実行します。

    $ journalctl | grep osbuild
  • リモートワーカーとローカルワーカーの両方を表示するには:

    $ journalctl -u osbuild-worker*
  • 実行中のサービスを表示するには:

    $ journalctl -u osbuild-composer.service