10.7. RHEL Image Builder を使用したカスタマイズされた RHEL VMDK システムイメージの作成

RHEL Image Builder を使用すると、カスタマイズしたシステムイメージを Open virtualization format (.ova) で作成できます。これらのイメージを VMware vSphere クライアントにアップロードできます。Open virtualization format (.ova) は、仮想ハードウェアに関する追加のメタデータを含む .vmdk イメージです。このイメージには、最小限のテンプレートが含まれています。.ova イメージを vSphere クライアントにインポートした後、ネットワーク、ディスク、CD ROMS などの追加のハードウェアを使用してイメージを設定できます。

Open virtualization format (.ova) イメージは、vSphere GUI または govc クライアントを使用してインポートできます。govc クライアントを使用してイメージをアップロードするには、VMDK イメージのアップロードと vSphere での RHEL 仮想マシンの作成 を参照してください。

前提条件

  • ブラウザーの Web コンソールから RHEL Image Builder アプリケーションを開いている。
  • ブループリントを作成している。

手順

  1. RHEL Image Builder ダッシュボードで、Blueprint タブをクリックします。
  2. ブループリントのテーブルで、イメージをビルドするブループリントを見つけます。
  3. 選択したブループリントの右側で、Create Image をクリックします。Create image ダイアログウィザードが開きます。
  4. Image output ページで、次の手順を実行します。

    1. Select a blueprint リストから、必要なイメージのタイプを選択します。
    2. Image output type リストから、必要なイメージの出力タイプを選択します。
    3. オプション: イメージを VMware に直接アップロードするには、Upload to VMWare チェックボックスをオンにします。
    4. イメージのサイズを入力します。
    5. Next をクリックします。
  5. Upload to VMware ページで、次の情報を入力します。

    1. Image name: イメージ名を入力します。
    2. Host: イメージファイルをアップロードする VMware vSphere インスタンスの URL を入力します。
    3. Cluster: イメージをアップロードするクラスター名のページを入力します。
    4. Datacenter: イメージをアップロードするデータセンター名。
    5. Datastore: イメージをアップロードするデータストア名。
    6. Folder: イメージをアップロードするフォルダー名。
    7. Next をクリックします。
  6. Review ページで、イメージの作成に関する詳細を確認し、Create をクリックします。

    イメージの作成が開始し、このイメージ作成の進捗が表示されます。その後、VMware vSphere クライアントへのアップロードが行われます。