5.2. Web コンソールインターフェイスでのブループリントの作成

ブループリントの作成は、カスタマイズされた RHEL システムイメージを作成する前に必要な手順です。すべてのカスタマイズはオプションです。

注記

これらのブループリントのカスタマイズは、Red Hat Enterprise Linux 9.2 以降のバージョンおよび Red Hat Enterprise Linux 8.8 以降のバージョンで利用できます。

前提条件

手順

  1. 右上隅にある Create Blueprint をクリックします。

    ブループリントの名前と説明のフィールドを含むダイアログウィザードが開きます。

  2. Details ページで以下を行います。

    1. ブループリントの名前と、必要に応じてその説明を入力します。
    2. Next をクリックします。
  3. オプション: Packages ページで以下を行います。

    1. Available packages の検索で、パッケージ名を入力します。
    2. > ボタンをクリックして Chosen packages フィールドに移動します。
    3. 前の手順を繰り返して、必要な数のパッケージを検索して含めます。
    4. Next をクリックします。

      注記

      特に指定がない限り、これらのカスタマイズはすべてオプションです。

  4. Kernel ページで、カーネル名とコマンドライン引数を入力します。
  5. File system ページで、お使いのイメージファイルシステムに合わせて Use automatic partitioning または Manually configure partitions を選択します。パーティションを手動で設定するには、次の手順を実行します。

    1. Manually configure partitions ボタンをクリックします。

      Configure partitions セクションが開き、Red Hat 標準およびセキュリティーガイドに基づく設定が表示されます。

    2. ドロップダウンメニューから、パーティションを設定するための詳細を入力します。

      1. Mount point フィールドに、以下のマウントポイントタイプオプションのいずれかを選択します。

        • / - ルートマウントポイント
        • /var
        • /home
        • /opt
        • /srv/
        • /usr
        • /app
        • /data
        • /tmp
        • /usr/local

          /tmp などの追加のパスを Mount point に追加することもできます。例: 接頭辞 /var と、追加パス /tmp で、/var/tmp になります。

          注記

          選択した Mount point のタイプに応じて、ファイルシステムのタイプが xfs に変わります。

      2. ファイルシステムの Minimum size partition フィールドに、必要な最小パーティションサイズを入力します。Minimum size ドロップダウンメニューでは、GiBMiBKiB などの一般的なサイズ単位を使用できます。デフォルトの単位は GiB です。

        注記

        Minimum size とは、作業用イメージの作成には小さすぎる場合にも RHEL Image Builder がパーティションサイズを増加できるという意味です。

    3. さらにパーティションを追加するには、Add partition ボタンをクリックします。以下のエラーメッセージが表示された場合は、以下を行います。Duplicate partitions:Only one partition at each mount point can be created.

      1. Remove ボタンをクリックして、重複したパーティションを削除します。
      2. 作成するパーティションの新しいマウントポイントを選択します。
    4. パーティションの設定が完了したら、Next をクリックします。
  6. Services ページで、サービスを有効または無効にします。

    1. 有効または無効にするサービス名をコンマまたはスペースで区切るか、Enter キーを押して入力します。Next をクリックします。
  7. Firewall ページで、ファイアウォールを設定します。

    1. Ports と、有効または無効にするファイアウォールサービスを入力します。
    2. Add zone ボタンをクリックして、各ゾーンのファイアウォールルールを個別に管理します。Next をクリックします。
  8. Users ページで、以下の手順に従ってユーザーを追加します。

    1. Add user をクリックします。
    2. Usernamepassword、および SSH key を入力します。Server administrator チェックボックスをクリックして、ユーザーを特権ユーザーとしてマークすることもできます。Next をクリックします。
  9. Groups ページで、次の手順を実行してグループを追加します。

    1. Add groups ボタンをクリックします。

      1. Group nameGroup ID を入力します。グループをさらに追加できます。Next をクリックします。
  10. SSH keys ページで、キーを追加します。

    1. Add key ボタンをクリックします。

      1. SSH キーを入力します。
      2. User を入力します。Next をクリックします。
  11. Timezone ページで、タイムゾーンを設定します。

    1. Timezone フィールドに、システムイメージに追加するタイムゾーンを入力します。たとえば、次のタイムゾーン形式を追加します。"US/Eastern"。

      タイムゾーンを設定しない場合、システムはデフォルトとして協定世界時 (UTC) を使用します。

    2. NTP サーバーを入力します。Next をクリックします。
  12. Locale ページで、以下の手順を実行します。

    1. Keyboard 検索フィールドに、システムイメージに追加するパッケージ名を入力します。たとえば、["en_US.UTF-8"] と入力します。
    2. Languages 検索フィールドに、システムイメージに追加するパッケージ名を入力します。たとえば、"us" と入力します。Next をクリックします。
  13. Others ページで、次の手順を実行します。

    1. Hostname フィールドに、システムイメージに追加するホスト名を入力します。ホスト名を追加しない場合、オペレーティングシステムによってホスト名が決定されます。
    2. Simplifier Installer イメージでのみ必須:Installation Devices フィールドに、システムイメージの有効なノードを入力します。たとえば、dev/sda1 と入力します。Next をクリックします。
  14. FIDO イメージをビルドする場合にのみ必須:FIDO device onboarding ページで、次の手順を実行します。

    1. Manufacturing server URL フィールドに、次の情報を入力します。

      1. DIUN public key insecure フィールドに、セキュアでない公開鍵を入力します。
      2. DIUN public key hash フィールドに、公開鍵ハッシュを入力します。
      3. DIUN public key root certs フィールドに、公開鍵ルート証明書を入力します。Next をクリックします。
  15. OpenSCAP ページで、次の手順を実行します。

    1. Datastream フィールドに、システムイメージに追加する datastream 修復手順を入力します。
    2. Profile ID フィールドに、システムイメージに追加する profile_id セキュリティープロファイルを入力します。Next をクリックします。
  16. Ignition イメージをビルドする場合にのみ必須:Ignition ページで、次の手順を実行します。

    1. Firstboot URL フィールドに、システムイメージに追加するパッケージ名を入力します。
    2. Embedded Data フィールドに、ファイルをドラッグまたはアップロードします。Next をクリックします。
  17. .Review ページで、ブループリントの詳細を確認します。Create をクリックします。

RHEL Image Builder ビューが開き、既存のブループリントのリストが表示されます。