Menu Close

第6章 Image Builder を使用したブート ISO インストーラーイメージの作成

Image Builder を使用して、起動可能な ISO インストーラーイメージを作成できます。このイメージは、ルートファイルシステムを含む tarball で構成されます。起動可能なISOイメージを使って、ファイルシステムをベアメタルサーバーにインストールすることができます。

Image Builder は、コミットとルートファイルシステムが含まれるブート ISO を作成するマニフェストを構築します。ISO イメージを作成するには、新しいイメージ種別 image-installer を選択します。Image Builder は、以下が含まれる .tar ファイルをビルドします。

  • 標準の Anaconda インストーラー ISO
  • 埋め込み RHEL システム tarball
  • 最小限のデフォルト要件でコミットをインストールするデフォルトのキックスタートファイル

作成されたインストーラー ISO イメージは、ベアメタルサーバーに直接インストールできる事前に設定されたシステムイメージを組み込みます。

6.1. Image Builder コマンドラインインターフェースを使用したブート ISO インストーラーイメージの作成

この手順では、Image Builder コマンドラインインターフェースを使用して、カスタムブート ISO インストーラーイメージをビルドする方法を説明します。

前提条件

  • ユーザーが含まれるイメージの Blueprint を作成し、Image Builder にプッシュしている。「Blueprint customization for users」を参照してください。

手順

  1. ISO イメージを作成します。

    # composer-cli compose start BLUEPRINT-NAME image-installer
    • BLUEPRINT-NAME は作成した Blueprint の名前です。
    • image-installer はイメージタイプです。

      Compose プロセスはバックグラウンドで開始し、Compose の UUID が表示されます。

  2. Compose が完成するまで待ちます。これには数分かかる場合があります。

    Compose のステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    # composer-cli compose status

    Compose が完了すると、ステータスが FINISHED となります。リスト内の Compose をその UUID で識別します。

  3. Compose が完了したら、作成されたイメージファイルをダウンロードします。

    # composer-cli compose image UUID

    UUID は、前の手順で示した UUID 値に置き換えます。

    これにより、Image Builder は ISO インストーラーイメージが含まれる .tar ファイルをビルドします。

検証

  1. イメージファイルをダウンロードしたディレクトリーに移動します。
  2. ダウンロードした .tar イメージを見つけます。
  3. .tar コンテンツを展開します。

生成された ISO イメージファイルを、ハードドライブで使用したり仮想マシンの起動に使用したりできます(例: HTTP ブートまたは USB インストール)。