第6章 RHEL Image Builder を使用したブート ISO インストーラーイメージの作成

RHEL Image Builder を使用して、起動可能な ISO インストーラーイメージを作成できます。これらのイメージは、ルートファイルシステムを含む .tar ファイルで構成されます。起動可能な ISO イメージを使用して、ファイルシステムをベアメタルサーバーにインストールすることができます。

RHEL Image Builder は、ルートファイルシステムを含むブート ISO を作成するマニフェストを作成します。ISO イメージを作成するには、イメージタイプ image-installer を選択します。RHEL Image Builder は、次の内容の .tar ファイルをビルドします。

  • 標準の Anaconda インストーラー ISO
  • 組み込みの RHEL システム tar ファイル
  • 最小限のデフォルト要件でコミットをインストールするデフォルトのキックスタートファイル

作成されたインストーラー ISO イメージには、ベアメタルサーバーに直接インストールできる設定済みのシステムイメージが含まれています。

6.1. RHEL Image Builder CLI を使用したブート ISO インストーラーイメージの作成

RHEL Image Builder コマンドラインインターフェイスを使用して、カスタマイズしたブート ISO インストーラーイメージを作成できます。その結果、Image Builder は、オペレーティングシステム用にインストールできる .tar ファイルを含む .iso ファイルをビルドします。.iso ファイルは、Anaconda を起動し、tar ファイルをインストールしてシステムをセットアップするように設定されています。作成した ISO イメージファイルをハードディスク上で使用したり、HTTP ブートや USB インストールなどで仮想マシンを起動したりできます。

前提条件

  • ユーザーを含むイメージのブループリントを作成してカスタマイズし、RHEL Image Builder にプッシュしている。Blueprint customization for users を参照してください。

手順

  1. ISO イメージを作成します。

    # composer-cli compose start BLUEPRINT-NAME image-installer
    • BLUEPRINT-NAME は作成したブループリントの名前です。
    • image-installer はイメージタイプです。

      Compose プロセスはバックグラウンドで開始し、Compose の UUID が表示されます。Compose が完成するまで待ちます。これは数分の時間がかかる可能性があります。

  2. Compose のステータスを確認します。

    # composer-cli compose status

    Compose が完了すると、ステータスが FINISHED となります。

  3. リスト内の Compose をその UUID で識別します。

    # composer-cli compose list
  4. Compose が完了したら、作成したイメージファイルをカレントディレクトリーにダウンロードします。

    # composer-cli compose image UUID

    UUID は、前の手順で取得した UUID 値に置き換えます。

    RHEL Image Builder は .tar ファイルを含む .iso ファイルをビルドします。.tar ファイルは、オペレーティングシステム用にインストールされるイメージです。.iso は、Anaconda を起動し、tar ファイルをインストールしてシステムをセットアップするように設定されています。

次のステップ

イメージファイルをダウンロードしたディレクトリーで、以下を実行します。

  1. ダウンロードした .iso イメージを見つけます。
  2. ISO をマウントします。

    $ mount -o ro path_to_ISO /mnt

    .tar ファイルは /mnt/liveimg.tar.gz ディレクトリーにあります。

  3. .tar ファイルの内容をリスト表示します。

    $ tar ztvf /mnt/liveimg.tar.gz