Menu Close

第1章 Image Builder の説明

1.1. Image Builder の概要

Image Builder を使用して、Red Hat Enterprise Linux システムイメージをカスタマイズできます。たとえば、クラウドプラットフォームへのデプロイに使用するシステムイメージを作成できます。Image Builder は、出力の各タイプに対する設定の詳細を自動的に処理するため、手動でイメージを作成する方法よりも使いやすく、作業も速くなります。composer-cli ツールのコマンドラインインターフェースで Image Builder 機能、または RHEL Web コンソールでグラフィカルインターフェースにアクセスできます。

osbuild-composer バックエンドは、Red Hat Enterprise Linux 8.3 で lorax-composer に代わります。新しいサービスには、イメージビルド向けの REST API が含まれます。その結果、ユーザーはより信頼性の高いバックエンドと予測可能な出力イメージの利点を活用できます。

Image Builder は、システムサービスの osbuild-composer として実行します。このサービスは、以下の 2 つのインターフェースを介してこのサービスを利用できます。

  • 端末でコマンドを実行する CLI ツールの composer-cli。(この手法を推奨)。
  • RHEL Web コンソールの GUI プラグイン。