4.6. RHEL Image Builder コマンドラインの基本的なコマンド

RHEL Image Builder コマンドラインインターフェイスでは、以下のサブコマンドを利用できます。

ブループリント操作

利用可能なブループリント一覧の表示
# composer-cli blueprints list
TOML 形式でブループリントの内容の表示
# composer-cli blueprints show <BLUEPRINT-NAME>
TOML 形式のブループリントの内容を BLUEPRINT-NAME.toml ファイルに保存 (エクスポート)
# composer-cli blueprints save <BLUEPRINT-NAME>
ブループリントの削除
# composer-cli blueprints delete <BLUEPRINT-NAME>
TOML 形式のブループリントファイルを RHEL Image Builder へプッシュ (インポート)
# composer-cli blueprints push <BLUEPRINT-NAME>

ブループリントでイメージの設定

利用可能なイメージタイプをリスト表示します。
# composer-cli compose types
Compose の起動
# composer-cli compose start <BLUEPRINT> <COMPOSE-TYPE>
Compose のリスト表示
# composer-cli compose list
Compose、およびそのステータスのリスト表示
# composer-cli compose status
実行中の Compose のキャンセル
# composer-cli compose cancel <COMPOSE-UUID>
完了した Compose の削除
# composer-cli compose delete <COMPOSE-UUID>
Compose の詳細情報の表示
# composer-cli compose info <COMPOSE-UUID>
Compose のイメージファイルのダウンロード
# composer-cli compose image <COMPOSE-UUID>
サブコマンドとオプションをもっと見る
# composer-cli help

関連情報

  • composer-cli(1) man ページ