第23章 開発とトラブルシューティングに Toolbx を使用する

システムにソフトウェアをインストールすると、システムの動作が変更したり、不要になったファイルやディレクトリーが残されたりするなど、一定のリスクが生じます。ベースオペレーティングシステムに影響を与えることなく、お気に入りの開発およびデバッグツール、エディター、ソフトウェア開発キット (SDK) を、完全に変更可能な Toolbx コンテナーにインストールすることで、これらのリスクを回避できます。lesslsofrsyncsshsudounzip などのコマンドを使用して、ホストシステム上で変更を実行できます。

Toolbx ユーティリティーは次のアクションを実行します。

  1. registry.access.redhat.com/ubi9/toolbox:latest イメージをローカルシステムにプルする
  2. イメージからコンテナーを起動する
  3. コンテナー内でシェルを実行し、そこからホストシステムにアクセスできる
注記

Toolbx は、Toolbx コンテナーを作成したユーザーの権限に応じて、ルートコンテナーまたはルートレスコンテナーを実行できます。ホストシステムでルート権限を必要とするユーティリティーも、ルートコンテナーで実行する必要があります。

デフォルトのコンテナー名は rhel-toolbox です。

23.1. Toolbx コンテナーの起動

toolbox create コマンドを使用して Toolbx コンテナーを作成できます。その後、toolbox enter コマンドを使用してコンテナーに入ることができます。

手順

  1. Toolbx コンテナーを作成します。

    • ルートレスユーザーとして:

      $ toolbox create <mytoolbox>
    • ルートユーザーとして:

      $ sudo toolbox create <mytoolbox>
      Created container: <mytoolbox>
      Enter with: toolbox enter
    • 正しいイメージを取得したことを確認します。

      [user@toolbox ~]$ toolbox list
      IMAGE ID      IMAGE NAME    CREATED
      fe0ae375f149   registry.access.redhat.com/ubi{ProductVersion}/toolbox 5 weeks ago
      
      CONTAINER ID  CONTAINER NAME  CREATED         STATUS   IMAGE NAME
      5245b924c2cb  <mytoolbox>       7 minutes ago   created  registry.access.redhat.com/ubi{ProductVersion}/toolbox:8.9-6
  2. Toolbx コンテナーに入ります。

    [user@toolbox ~]$ toolbox enter <mytoolbox>

検証

  • <mytoolbox> コンテナー内でコマンドを実行し、コンテナーの名前とイメージを表示します。

    ⬢ [user@toolbox ~]$ cat /run/.containerenv
    engine="podman-4.8.2"
    name="<mytoolbox>"
    id="5245b924c2cb..."
    image="registry.access.redhat.com/ubi{ProductVersion}/toolbox"
    imageid="fe0ae375f14919cbc0596142e3aff22a70973a36e5a165c75a86ea7ec5d8d65c"