Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

10.3. Podman でのコンテナーおよび Pod の起動

生成された YAML ファイルを使用すると、任意の環境でコンテナーおよび Pod を自動的に起動できます。YAML ファイルは Podman では生成されないことに注意してください。podman play kube コマンドを使用すると、YAML 入力ファイルに基づいて Pod およびコンテナーを再作成できます。

手順

  1. mypod.yaml ファイルから Pod およびコンテナーを作成します。

    $ podman play kube mypod.yaml
    Pod:
    b8c5b99ba846ccff76c3ef257e5761c2d8a5ca4d7ffa3880531aec79c0dacb22
    Container:
    848179395ebd33dd91d14ffbde7ae273158d9695a081468f487af4e356888ece
  2. すべての Pod を一覧表示します。

    $ podman pod ps
    POD ID         NAME    STATUS    CREATED          # OF CONTAINERS   INFRA ID
    b8c5b99ba846   mypod   Running   19 seconds ago   2                 aa4220eaf4bb
  3. 関連付けられている全 Pod およびコンテナーを一覧表示します。

    $ podman ps -a --pod
    CONTAINER ID  IMAGE                                       COMMAND    CREATED             STATUS                 PORTS  NAMES               POD
    848179395ebd  registry.access.redhat.com/ubi9/ubi:latest  /bin/bash  About a minute ago  Up About a minute ago         myubi               b8c5b99ba846
    aa4220eaf4bb  k8s.gcr.io/pause:3.1                                   About a minute ago  Up About a minute ago         b8c5b99ba846-infra  b8c5b99ba846

    podman ps コマンドからの Pod ID と、podman pod ps コマンドからの Pod ID が一致します。

関連情報