Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

12.3. authfile を使用したコンテナーでの Skopeo の実行

認証ファイル (authfile) を使用して認証情報を指定できます。skopeo login コマンドは、特定のレジストリーにログインし、認証トークンを authfile に保存します。authfiles を使用する利点は、認証情報を繰り返し入力する必要がないことです。

同じホストで実行する場合、Sopeo、Buildah、Podman などのすべてのコンテナーツールで同じ authfile を共有します。コンテナーで Skopeo を実行する場合は、コンテナーに authfile をボリュームマウントしてホスト上で authfile を共有するか、コンテナー内で再認証する必要があります。

前提条件

  • container-tools モジュールがインストールされている。

    # dnf module install -y container-tools

手順

  • ロックされたレジストリーに対して Skopeo を使用してリモートコンテナーイメージを検証します。

    $ podman run --rm -v $AUTHFILE:/auth.json registry.redhat.io/rhel9/skopeo inspect docker://$IMAGE

    -v $AUTHFILE:/auth.json オプションの volume-mounts は、コンテナー内の /auth.json に authfile をマウントします。Skopeo は、ホストの authfile の認証トークンにアクセスでき、レジストリーにセキュアにアクセスできるようになります。

その他の Skopeo コマンドは、以下の例のように機能します。

  • skopeo-copy コマンドで --source-creds および --dest-creds オプションを使用して、ソースおよび宛先のイメージに、コマンドラインで認証情報を指定します。また、/auth.json の authfile も読み取ります。
  • ソースイメージおよび宛先イメージに個別の authfile を指定する場合は、--source-authfile オプションおよび --dest-authfile オプションを使用し、ホストからコンテナーにこれらの authfile をボリュームマウントします。