Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

17.3. runlabel での rsyslog の実行

rhel9/rsyslog コンテナーイメージは、rsyslogd デーモンのコンテナー化されたバージョンを実行するように設計されています。rsyslog イメージには、installrun および uninstall の runlabel が含まれます。以下の手順に従って、rsyslog イメージのインストール、実行、アンインストールを行います。

手順

  1. rsyslog イメージをプルします。

    # podman pull registry.redhat.io/rhel9/rsyslog
  2. rsysloginstall runlabel を表示します。

    # podman container runlabel install --display rhel9/rsyslog
    command: podman run --rm --privileged -v /:/host -e HOST=/host -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/install.sh

    これは、コマンドがホストに特権を開き、コンテナー内の /host にホストの root ファイルシステムをマウントし、install.sh スクリプトを実行します。

  3. rsysloginstall runlabel を実行します。

    # podman container runlabel install rhel9/rsyslog
    command: podman run --rm --privileged -v /:/host -e HOST=/host -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/install.sh
    Creating directory at /host//etc/pki/rsyslog
    Creating directory at /host//etc/rsyslog.d
    Installing file at /host//etc/rsyslog.conf
    Installing file at /host//etc/sysconfig/rsyslog
    Installing file at /host//etc/logrotate.d/syslog

    これにより、rsyslog イメージが後で使用するホストシステムにファイルが作成されます。

  4. rsyslogrun runlabel を表示します。

    # podman container runlabel run --display rhel9/rsyslog
    command: podman run -d --privileged --name rsyslog --net=host --pid=host -v /etc/pki/rsyslog:/etc/pki/rsyslog -v /etc/rsyslog.conf:/etc/rsyslog.conf -v /etc/sysconfig/rsyslog:/etc/sysconfig/rsyslog -v /etc/rsyslog.d:/etc/rsyslog.d -v /var/log:/var/log -v /var/lib/rsyslog:/var/lib/rsyslog -v /run:/run -v /etc/machine-id:/etc/machine-id -v /etc/localtime:/etc/localtime -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog --restart=always registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/rsyslog.sh

    これは、コマンドがホストへの特権を開き、rsyslog コンテナーを起動して rsyslogd デーモンを実行するときに、コンテナー内のホストから多数のファイルとディレクトリーをマウントすることを示しています。

  5. rsyslogrun runlabel を実行します。

    # podman container runlabel run rhel9/rsyslog
    command: podman run -d --privileged --name rsyslog --net=host --pid=host -v /etc/pki/rsyslog:/etc/pki/rsyslog -v /etc/rsyslog.conf:/etc/rsyslog.conf -v /etc/sysconfig/rsyslog:/etc/sysconfig/rsyslog -v /etc/rsyslog.d:/etc/rsyslog.d -v /var/log:/var/log -v /var/lib/rsyslog:/var/lib/rsyslog -v /run:/run -v /etc/machine-id:/etc/machine-id -v /etc/localtime:/etc/localtime -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog --restart=always registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/rsyslog.sh
    28a0d719ff179adcea81eb63cc90fcd09f1755d5edb121399068a4ea59bd0f53

    rsyslog コンテナーは権限を開き、ホストから必要なものをマウントし、バックグラウンドで rsyslogd デーモンを実行します (-d)。rsyslogd デーモンは、ログメッセージを収集し、メッセージを /var/log ディレクトリー内のファイルに送信します。

  6. rsysloguninstall runlabel を表示します。

    # podman container runlabel uninstall --display rhel9/rsyslog
    command: podman run --rm --privileged -v /:/host -e HOST=/host -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/uninstall.sh
  7. rsysloguninstall runlabel を実行します。

    # podman container runlabel uninstall rhel9/rsyslog
    command: podman run --rm --privileged -v /:/host -e HOST=/host -e IMAGE=registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest -e NAME=rsyslog registry.redhat.io/rhel9/rsyslog:latest /bin/uninstall.sh
注記

この場合、uninstall.sh スクリプトは、/etc/logrotate.d/syslog ファイルを削除します。設定ファイルはクリーンアップされません。