Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.17. runc および crun でのコンテナーの実行

runc または crun では、コンテナーはバンドルを使用して設定されます。コンテナーのバンドルは、config.json という名前の仕様ファイルと、root ファイルシステムを含むディレクトリーです。root ファイルシステムには、コンテナーの内容が含まれます。

注記

<runtime> は crun または runc です。

手順

  1. registry.access.redhat.com/ubi9/ubi コンテナーイメージをプルします。

    # podman pull registry.access.redhat.com/ubi9/ubi
  2. registry.access.redhat.com/ubi9/ubi イメージを rhel.tar アーカイブにエクスポートします。

    # podman export $(podman create registry.access.redhat.com/ubi9/ubi) > rhel.tar
  3. bundle/rootfs ディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p bundle/rootfs
  4. rhel.tar アーカイブを bundle/rootfs ディレクトリーに展開します。

    # tar -C bundle/rootfs -xf rhel.tar
  5. バンドル用に config.json という名前の新規仕様ファイルを作成します。

    # <runtime> spec -b bundle
    • -b オプションは、バンドルのディレクトリーを指定します。デフォルト値は現在のディレクトリーです。
  6. 任意手順:設定を変更します。

    # vi bundle/config.json
  7. バンドル用に myubi という名前のコンテナーのインスタンスを作成します。

    # <runtime> create -b bundle/ myubi
  8. myubi コンテナーを起動します。

    # <runtime> start myubi
注記

コンテナーインスタンスの名前は、ホストで一意のものである必要があります。コンテナーの新規インスタンスを起動するには、# <runtime> start <container_name> を実行します。

検証

  • <runtime> によって起動したコンテナーを一覧表示します。

    # <runtime> list
    ID               PID         STATUS      BUNDLE            CREATED                          OWNER
    myubi            0           stopped     /root/bundle      2021-09-14T09:52:26.659714605Z   root

関連情報