Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

15.2. コンテナー復元を使用した起動時間の短縮

コンテナーマイグレーションを使用して、初期化に特定の時間を必要とするコンテナーの起動時間を短縮できます。チェックポイントを使用すると、同じホストまたは別のホストでコンテナーを複数回復元できます。この例は、「コンテナーチェックポイントのローカルでの作成および復元」のコンテナーを基にしています。

手順

  1. コンテナーのチェックポイントを作成し、チェックポイントイメージを tar.gz ファイルにエクスポートします。

    # podman container checkpoint criu-test --export /tmp/chkpt.tar.gz
  2. tar.gz ファイルからコンテナーを復元します。

    # podman container restore --import /tmp/chkpt.tar.gz --name counter1
    # podman container restore --import /tmp/chkpt.tar.gz --name counter2
    # podman container restore --import /tmp/chkpt.tar.gz --name counter3

    --name (-n) オプションは、エクスポートしたチェックポイントを基に復元したコンテナーに新しい名前を指定します。

  3. 各コンテナーの ID と名前を表示します。

    # podman ps -a --format "{{.ID}} {{.Names}}"
    a8b2e50d463c counter3
    faabc5c27362 counter2
    2ce648af11e5 counter1
  4. 各コンテナーの IP アドレスを表示します。

    #️ podman inspect counter1 --format "{{.NetworkSettings.IPAddress}}"
    10.88.0.248
    
    #️ podman inspect counter2 --format "{{.NetworkSettings.IPAddress}}"
    10.88.0.249
    
    #️ podman inspect counter3 --format "{{.NetworkSettings.IPAddress}}"
    10.88.0.250
  5. 各コンテナーに要求を送信します。

    #️ curl 10.88.0.248:8080
    4
    #️ curl 10.88.0.249:8080
    4
    #️ curl 10.88.0.250:8080
    4

    同じチェックポイントから異なるコンテナーを使用して復元しているので、結果は、どの場合も 4 になる点に注意してください。

この方法では、最初にチェックポイントを作成したコンテナーのステートフルレプリカを迅速に起動できます。