Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.14. UBI イメージの再配布

podman push コマンドを使用して、UBI イメージを独自のレジストリーやサードパーティーのレジストリーにプッシュするか、他のと共有します。UBI dnf リポジトリーから、必要に応じてイメージをアップグレードまたは追加できます。

前提条件

  • プルしたイメージがローカルシステムで利用できる。

手順

  1. オプション:ubi イメージに名前を追加します。

    # podman tag registry.redhat.io/ubi9/ubi registry.example.com:5000/ubi9/ubi
  2. registry.example.com:5000/ubi9/ubi イメージをローカルストレージからレジストリーにプッシュします。

    # podman push registry.example.com:5000/ubi9/ubi
    重要
    このイメージを使用する方法には制限がいくつかありますが、その方法を参照する方法にもいくつかの制限があります。たとえば、Red Hat Container Certification または Red Hat OpenShift Operator Certification の Red Hat Partner Connect Program で認定されていなければ、Red Hat の認定イメージまたは Red Hat のサポートイメージとはみなされません。