Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

13.7. buildah mount を使用したコンテナーの変更

buildah inspect コマンドを使用して、コンテナーまたはイメージに関する情報を表示します。

前提条件

手順

  1. registry.access.redhat.com/ubi8/ubi イメージをもとに作業コンテナーを作成し、コンテナーの名前を mycontainer 変数に保存します。

    # mycontainer=$(buildah from localhost/myecho)
    
    # echo $mycontainer
    myecho-working-container
  2. myecho-working-container コンテナーをマウントし、マウントポイントパスを mymount 変数に保存します。

    # mymount=$(buildah mount $mycontainer)
    
    # echo $mymount
    /var/lib/containers/storage/overlay/c1709df40031dda7c49e93575d9c8eebcaa5d8129033a58e5b6a95019684cc25/merged
  3. myecho スクリプトを変更し、実行可能にします。

    # echo 'echo "We modified this container."' >> $mymount/usr/local/bin/myecho
    # chmod +x $mymount/usr/local/bin/myecho
  4. myecho-working-container コンテナーから myecho2 イメージを作成します。

    # buildah commit $mycontainer containers-storage:myecho2

検証

  1. ローカルストレージ内のイメージを一覧表示します。

    # buildah images
    REPOSITORY                                  TAG      IMAGE ID       CREATED          SIZE
    docker.io/library/myecho2                   latest   4547d2c3e436   4 minutes ago    234 MB
    localhost/myecho                            latest   b28cd00741b3   56 minutes ago   234 MB
  2. docker.io/library/myecho2 イメージに基づいて myecho2 コンテナーを実行します。

    # podman run --name=myecho2 docker.io/library/myecho2
    This container works!
    We even modified it.

関連情報

  • buildah-mount の man ページ
  • buildah-commit の man ページ