14.2. systemd サービスの有効化

サービスの有効化には、さまざまなオプションがあります。

手順

  • サービスの有効化:

    • システムの起動時にサービスを有効にするには、ユーザーがログインしているかどうかに拘らず、次のコマンドを実行します。

      # systemctl enable <service>

      systemd ユニットファイルを /etc/systemd/system ディレクトリーにコピーする必要があります。

    • ユーザーのログイン時にサービスを起動し、ユーザーのログアウト時に停止するには、次のコマンドを実行します。

      $ systemctl --user enable <service>

      systemd ユニットファイルを $HOME/.config/systemd/user ディレクトリーにコピーする必要があります。

    • システムの起動時にサービスを起動し、ログアウト後もそのまま起動した状態を保つには、次のコマンドを実行します。

      # loginctl enable-linger <username>

関連情報