15.2. コマンドラインを使用してヘルスチェックを実行する

コマンドラインでコンテナーを作成するときに、ヘルスチェックを設定できます。

手順

  1. ヘルスチェックを定義します。

    $ podman run -dt --name=hc-container -p 8080:8080 --health-cmd='curl http://localhost:8080 || exit 1' --health-interval=0 registry.access.redhat.com/ubi8/httpd-24
    • --health-cmd オプションは、コンテナーの healthcheck コマンドを設定します。
    • healthcheck を手動で実行するには、--health-interval=0 オプション で 0 の値を指定します。
  2. hc-container コンテナーのヘルスステータスを確認します。

    • podman inspect コマンドの使用:

      $ podman inspect --format='{{json .State.Health.Status}}' hc-container
      healthy
    • podman ps コマンドの使用:

      $ podman ps
      CONTAINER ID  IMAGE                 COMMAND               CREATED      STATUS          PORTS       NAMES
      a680c6919fe  localhost/hc-container:latest  /usr/bin/run-http...  2 minutes ago  Up 2 minutes (healthy) hc-container
    • podman healthcheck run コマンドを使用します。

      $ podman healthcheck run hc-container
      healthy