Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 コンテナーイメージの使用

Podman ツールは、コンテナーイメージと連携するように設計されています。このツールを使用して、イメージのプル、イメージ署名の検査、タグ付け、保存、読み込み、再配布、および定義を行うことができます。

3.1. コンテナーレジストリー

コンテナーレジストリーは、コンテナーイメージとコンテナーベースのアプリケーションアーティファクトを保存するためのリポジトリーまたはリポジトリーのコレクションです。Red Hat が提供するレジストリーは以下のとおりです。

  • registry.redhat.io (認証が必要)
  • registry.access.redhat.com (認証なし)
  • registry.connect.redhat.com (Red Hat Partner Connect プログラムイメージ)

リモートレジストリー (Red Hat の独自のコンテナーレジストリーなど) からコンテナーイメージを取得して、ローカルシステムに追加するには、podman pull コマンドを使用します。

# podman pull <registry>[:<port>]/[<namespace>/]<name>:<tag>

ここで、<registry>[:<port>]/[<namespace>/]<name>:<tag> はコンテナーイメージの名前です。

たとえば、registry.redhat.io/ubi9/ubi コンテナーイメージは以下によって識別されます。

  • レジストリーサーバー (registry.redhat.io)
  • namespace (ubi9)
  • イメージ名 (ubi)

同じイメージにバージョンが複数ある場合は、イメージ名を明示的に指定するタグを追加します。デフォルトでは、Podman は :latest タグを使用します (例: ubi9/ubi:latest)。

一部のレジストリーでは、<namespace> も使用して、異なるユーザーまたは組織によって所有される同じ <name> のイメージを区別します。以下に例を示します。

名前空間(<namespace>/<name>) の例

organization

redhat/kubernetesgoogle/kubernetes

login (ユーザー名)

alice/applicationbob/application

role

devel/databasetest/databaseprod/database

registry.redhat.io への移行の詳細は、Red Hat Container Registry Authentication を参照してください。registry.redhat.io からコンテナーを取得する前に、RHEL サブスクリプション認証情報を使用して認証する必要があります。