5.4. redfish_command モジュールの使用

次の例は、playbook で redfish_command モジュールを使用してシステムをオンにする方法を示しています。わかりやすくするために、ここに示す例では Ansible コントロールホストおよび管理対象ホストと同じホストを使用しているため、Playbook が実行されるのと同じホストでモジュールを実行します。

前提条件

  • redhat.rhel_mgmt コレクションがインストールされます。
  • python3-pyghmi パッケージの pyghmi ライブラリーが管理対象ホストにインストールされます。管理対象ホストとして localhost を使用する場合は、Playbook を実行するホストに python3-pyghmi パッケージをインストールします。
  • OOB コントローラーアクセスの詳細。

手順

  1. 以下のコンテンツを含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    ---
    - name: Power on system
      hosts: localhost
      tasks:
        - redhat.rhel_mgmt.redfish_command:
            baseuri: "{{ baseuri }}"
            username: "{{ username }}"
            password: "{{ password }}"
            category: Systems
            command: PowerOn
  2. localhost に対して Playbook を実行します。

    # ansible-playbook playbook.yml

その結果、システムの電源が入ります。