18.15. storage RHEL System Role を使用して LUKS 暗号化ボリュームを作成する

storage ロールを使用し、Ansible Playbook を実行して、LUKS で暗号化されたボリュームを作成および設定できます。

前提条件

  • crypto_policies システムロールで設定するシステムである 1 つ以上の 管理対象ノード へのアクセスとパーミッション。
  • コントロールノード (このシステムから Red Hat Ansible Core は他のシステムを設定) へのアクセスおよびパーミッション。

    コントロールノードでは、

    • ansible-core パッケージおよび rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
重要

RHEL 8.0-8.5 では、別の Ansible リポジトリーへのアクセス権を指定されており、Ansible をベースにする自動化用の Ansible Engine 2.9 が含まれています。Ansible Engine には、ansibleansible-playbook などのコマンドラインユーティリティー、dockerpodman などのコネクター、プラグインとモジュールが多く含まれています。Ansible Engine を入手してインストールする方法については、ナレッジベースの How to download and install Red Hat Ansible Engine を参照してください。

RHEL 8.6 および 9.0 では、Ansible Core (ansible-core パッケージとして提供) が導入されました。これには、Ansible コマンドラインユーティリティー、コマンド、およびビルトイン Ansible プラグインのセットが含まれています。RHEL は、AppStream リポジトリーを介してこのパッケージを提供し、サポート範囲は限定的です。詳細については、ナレッジベースの Scope of support for the Ansible Core package included in the RHEL 9 and RHEL 8.6 and later AppStream repositories を参照してください。

  • 管理対象ノードが記載されているインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_volumes:
          - name: barefs
            type: disk
            disks:
             - sdb
            fs_type: xfs
            fs_label: label-name
            mount_point: /mnt/data
            encryption: true
            encryption_password: your-password
      roles:
       - rhel-system-roles.storage
  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md file