3.5. コレクションを使用した tlog RHEL システムロールのデプロイ

以下の例では、コレクションを使用して Playbook を準備および適用し、一連の個別のマシンにロギングソリューションをデプロイしています。

前提条件

  • Galaxy コレクションがインストールされている。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    ---
    - name: Deploy session recording
      hosts: all
      vars:
        tlog_scope_sssd: some
        tlog_users_sssd:
          - recordeduser
    
      roles:
        - redhat.rhel-system-roles.tlog

    詳細は以下のようになります。

    • tlog_scope_sssd:

      • some は、all または none ではなく、特定のユーザーおよびグループのみを録画することを指定します。
    • tlog_users_sssd:

      • recordeduser は、セッションを録画するユーザーを指定します。ただし、ユーザーは追加されない点に留意してください。ユーザーを独自に設定する必要があります。
  2. オプション: Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i IP_Address /path/to/file/playbook.yml -v

これにより、Playbook は指定したシステムに tlog ロールをインストールします。また、定義したユーザーおよびグループで使用できる SSSD 設定ドロップファイルを作成します。SSSD は、これらのユーザーおよびグループを解析して読み取り、シェルユーザーとして tlog セッションをオーバーレイします。さらに、cockpit パッケージがシステムにインストールされている場合、Playbook は cockpit-session-recording パッケージもインストールします。これは、Web コンソールインターフェイスで録画を表示および再生できるようにする Cockpit モジュールです。

検証手順

  1. /etc/rsyslog.conf ファイルの構文をテストします。

    # rsyslogd -N 1
    rsyslogd: version 8.1911.0-6.el8, config validation run (level 1), master config /etc/rsyslog.conf
    rsyslogd: End of config validation run. Bye.
  2. システムがログにメッセージを送信していることを確認します。

システムで SSSD 設定ドロップファイルが作成されることを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. SSSD 設定ドロップファイルが作成されるフォルダーに移動します。

    # cd /etc/sssd/conf.d
  2. ファイルの内容を確認します。

    # cat sssd-session-recording.conf

Playbook に設定したパラメーターがファイルに含まれていることが確認できます。