18.13. storage RHEL System Role を使用して RAID で LVM プールを設定する

storage システムロールを使用すると、Red Hat Ansible Automation Platform を使用して RHEL に LVM pool with RAID を設定できます。本セクションでは、利用可能なパラメーターを使用して Ansible Playbook を設定し、LVM pool with RAID を設定する方法を説明します。

前提条件

  • Ansible Core パッケージがコントロールマシンにインストールされている。
  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • storage システムロールを使用して、LVM pool with RAID を設定するシステムの詳細を記録したインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    - hosts: all
      vars:
        storage_safe_mode: false
        storage_pools:
          - name: my_pool
            type: lvm
            disks: [sdh, sdi]
            raid_level: raid1
            volumes:
              - name: my_pool
                size: "1 GiB"
                mount_point: "/mnt/app/shared"
                fs_type: xfs
                state: present
      roles:
        - name: rhel-system-roles.storage
    注記

    LVM pool with RAID を作成するには、raid_level パラメーターを使用して RAID タイプを指定する必要があります。

  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイル。