17.3. RHEL システムロールを使用した kdump の設定

Ansible Playbook を実行して kdump システムロールを使用し、複数のシステムに基本的なカーネルダンプパラメーターを設定できます。

警告

kdump ロールは、/etc/kdump.conf ファイルを置き換えることで、管理対象ホストの kdump 設定全体を置き換えます。また、kdump ロールが適用されると、 /etc/sysconfig/kdump ファイルを置き換えて、ロール変数で指定されていない場合でも、以前の kdump の設定もすべて置き換えられます。

前提条件

  • Ansible Core パッケージがコントロールマシンにインストールされている。
  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • kdump をデプロイするシステムを一覧表示するインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下の内容を含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    ---
    - hosts: kdump-test
      vars:
        kdump_path: /var/crash
      roles:
        - rhel-system-roles.kdump
  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. インベントリーファイルで Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory_file /path/to/file/playbook.yml

関連情報

  • kdump ロール変数の詳細は、/usr/share/doc/rhel-system-roles/kdump ディレクトリーの README.md ファイルまたは README.html ファイルを参照してください。
  • RHEL System Roles を使用するための制御ノードと管理対象ノードの準備 を参照してください。
  • rhel-system-roles パッケージをインストールし、/usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.kdump/README.html のドキュメントを参照してください。