22.4. フェンシングおよびリソースを使用した高可用性クラスターの設定

以下の手順では、ha_cluster システムロールを使用して、フェンスデバイス、クラスターリソース、リソースグループ、およびクローンされたリソースを含む高可用性クラスターを作成します。

前提条件

  • Playbook を実行するノードに ansible-core がインストールされている。

    注記

    ansible-core をクラスターメンバーノードにインストールする必要はありません。

  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • クラスターメンバーとして使用するシステムに、RHEL および RHEL High Availability Add-On の有効なサブスクリプション範囲が必要。
警告

ha_cluster システムロールは、指定されたノードの既存のクラスター設定を置き換えます。ロールで指定されていない設定は失われます。

手順

  1. ha_cluster システムロールのインベントリーの指定 で説明されているように、クラスター内のノードを指定するインベントリーファイルを作成します。
  2. Playbook ファイルを作成します (例: new-cluster.yml)。

    注記

    実稼働環境の Playbook ファイルを作成する場合は、Ansible Vault を使用したコンテンツの暗号化 で説明されているように、パスワード vault を暗号化することが推奨されます。

    以下の Playbook ファイルの例では、フェンシング、複数のリソース、およびリソースグループを含むクラスターを設定します。また、リソースグループのリソースクローンも含まれます。

    - hosts: node1 node2
      vars:
        ha_cluster_cluster_name: my-new-cluster
        ha_cluster_hacluster_password: password
        ha_cluster_resource_primitives:
          - id: xvm-fencing
            agent: 'stonith:fence_xvm'
            instance_attrs:
              - attrs:
                  - name: pcmk_host_list
                    value: node1 node2
          - id: simple-resource
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
          - id: resource-with-options
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
            instance_attrs:
              - attrs:
                  - name: fake
                    value: fake-value
                  - name: passwd
                    value: passwd-value
            meta_attrs:
              - attrs:
                  - name: target-role
                    value: Started
                  - name: is-managed
                    value: 'true'
            operations:
              - action: start
                attrs:
                  - name: timeout
                    value: '30s'
              - action: monitor
                attrs:
                  - name: timeout
                    value: '5'
                  - name: interval
                    value: '1min'
          - id: dummy-1
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
          - id: dummy-2
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
          - id: dummy-3
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
          - id: simple-clone
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
          - id: clone-with-options
            agent: 'ocf:pacemaker:Dummy'
        ha_cluster_resource_groups:
          - id: simple-group
            resource_ids:
              - dummy-1
              - dummy-2
            meta_attrs:
              - attrs:
                  - name: target-role
                    value: Started
                  - name: is-managed
                    value: 'true'
          - id: cloned-group
            resource_ids:
              - dummy-3
        ha_cluster_resource_clones:
          - resource_id: simple-clone
          - resource_id: clone-with-options
            promotable: yes
            id: custom-clone-id
            meta_attrs:
              - attrs:
                  - name: clone-max
                    value: '2'
                  - name: clone-node-max
                    value: '1'
          - resource_id: cloned-group
            promotable: yes
    
      roles:
        - rhel-system-roles.ha_cluster
  3. ファイルを保存します。
  4. 手順 1 で作成したインベントリーファイル inventory へのパスを指定して、Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory new-cluster.yml