18.12. Storage システムロールを使用した RAID ボリュームの設定

storage システムロールを使用すると、Red Hat Ansible Automation Platform と Ansible-Core を使用して RHEL に RAID ボリュームを設定できます。要件に合わせて RAID ボリュームを設定するためのパラメーターを使用して、Ansible Playbook を作成します。

前提条件

  • Ansible Core パッケージがコントロールマシンにインストールされている。
  • Playbook を実行するシステムに rhel-system-roles パッケージがインストールされている。
  • storage システムロールを使用して、RAID ボリュームをデプロイするシステムの詳細を記録したインベントリーファイルがある。

手順

  1. 以下のコンテンツを含む新しい playbook.yml ファイルを作成します。

    ---
    - name: Configure the storage
      hosts: managed-node-01.example.com
      tasks:
      - name: Create a RAID on sdd, sde, sdf, and sdg
        include_role:
          name: rhel-system-roles.storage
        vars:
        storage_safe_mode: false
        storage_volumes:
          - name: data
            type: raid
            disks: [sdd, sde, sdf, sdg]
            raid_level: raid0
            raid_chunk_size: 32 KiB
            mount_point: /mnt/data
            state: present
    警告

    特定の状況でデバイス名が変更する場合があります。たとえば、新しいディスクをシステムに追加するときなどです。したがって、データの損失を防ぐために、Playbook で特定のディスク名を使用しないでください。

  2. オプション:Playbook の構文を確認します。

    # ansible-playbook --syntax-check playbook.yml
  3. Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -i inventory.file /path/to/file/playbook.yml

関連情報