Menu Close

第3章 システムのセキュリティー分類の表示

ユーザーがシステムのセキュリティー分類を把握している必要があるデプロイメントの管理者は、ログイン画面のヘッドアップバナーまたは分類バナーを作成できます。

3.1. ログイン時のシステムセキュリティー分類の表示

GNOME Display Manager(GDM)ログイン画面を設定して、事前定義済みメッセージを含むオーバーレイバナーを表示できるようになりました。これは、ログイン前にユーザーがシステムのセキュリティー分類を読み取る必要があるデプロイメントに役立ちます。

手順

  1. gnome-shell-extension-heads-up-display パッケージをインストールします。

    # yum install gnome-shell-extension-heads-up-display
  2. 以下の内容で /etc/dconf/db/gdm.d/99-hud-message ファイルを作成します。

    [org/gnome/shell]
    enabled-extensions=['heads-up-display@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com']
    
    [org/gnome/shell/extensions/heads-up-display]
    message-heading="Security classification title"
    message-body="Security classification description"

    以下の値を、システムのセキュリティー分類を記述するテキストに置き換えます。

    セキュリティー分類タイトル
    セキュリティー分類を特定する簡単な見出し。
    セキュリティー分類の説明
    さまざまなガイドラインへの参照など、追加情報を提供する長いメッセージ。
  3. dconf データベースを更新します。

    # dconf update
  4. システムを再起動します。