第4章 新機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 9.4 に追加された新機能および主要な機能拡張を説明します。

4.1. インストーラーおよびイメージの作成

SCAP セキュリティープロファイルのカスタマイズされたファイルをブループリントに追加するためのサポート

この機能拡張により、次のオプションを使用して、プロファイルのカスタマイズ済み調整オプションを osbuild-composer ブループリントのカスタマイズに追加できるようになりました。

  • selected: 追加するルールのリストに使用します。
  • unselected: 削除するルールのリストに使用します。

デフォルトの org.ssgproject.content ルールの名前空間の場合、この名前空間にあるルールの接頭辞を省略できます。たとえば、org.ssgproject.content_grub2_passwordgrub2_password は機能的に同等です。

そのブループリントからイメージをビルドすると、新しいテーラリングプロファイル ID を持つテーラリングファイルが作成され、/usr/share/xml/osbuild-oscap-tailoring/tailoring.xml としてイメージに保存されます。新しいプロファイル ID には、ベースプロファイルの接尾辞として _osbuild_tailoring が追加されます。たとえば、cis ベースプロファイルを使用する場合は、xccdf_org.ssgproject.content_profile_cis_osbuild_tailoring となります。

Jira:RHELDOCS-17792[1]

最小限の RHEL インストールでは、s390utils-core パッケージのみがインストールされるようになる

RHEL 8.4 以降では、s390utils-base パッケージは、s390utils-core パッケージと補助 s390utils-base パッケージに分割されています。そのため、RHEL インストールを minimal-environment に設定すると、必要な s390utils-core パッケージのみがインストールされ、補助 s390utils-base パッケージはインストールされません。最小限の RHEL インストールで s390utils-base パッケージを使用する場合は、RHEL インストールの完了後にパッケージを手動でインストールするか、キックスタートファイルを使用して s390utils-base を明示的にインストールする必要があります。

Bugzilla:1932480[1]