第8章 バグ修正

ここでは、ユーザーに重大な影響を与えるバグで、Red Hat Enterprise Linux 9.3 で修正されたものについて説明します。

8.1. インストーラーおよびイメージの作成

インストールプログラムは、url キックスタートコマンドの --proxy オプションを正しく処理するようになる

以前は、インストールプログラムは url キックスタートコマンドの --proxy オプションを正しく処理していませんでした。その結果、指定されたプロキシーを使用してインストールイメージを取得できませんでした。この更新により、この問題は修正され、--proxy オプションが期待どおりに機能するようになりました。

Bugzilla:2177219

liveimg--noverifyssl オプションは、HTTPS を使用してダウンロードされたイメージのサーバーの証明書をチェックしなくなる

以前は、インストールプログラムは liveimg キックスタートコマンドの --noverifyssl オプションを無視していました。したがって、HTTPS プロトコルを使用してダウンロードされたイメージに対してサーバーの証明書を検証できない場合、インストールプロセスは失敗しました。今回の更新により、この問題は修正され、liveimg キックスタートコマンドの --noverifyssl オプションが正しく機能するようになりました。

Bugzilla:2157921

Anaconda が、FIPS 要件の LUKS パスフレーズを検証するようになる

以前は、基礎となるツールがこのチェックを実行していても、Anaconda は LUKS パスフレーズの長さが FIPS 要件を満たしているかどうかをチェックしませんでした。これにより、パスフレーズが 8 文字より短い FIPS モードでインストールすることで、インストーラーが途中で停止していました。

この更新により、パスフレーズの最小長を検証して強制するようにインストールプログラムが改善されました。その結果、インストールプログラムは、LUKS パスフレーズが FIPS モードで使用するには短すぎるかどうかを通知し、予期しない停止を防ぎます。

Bugzilla:2163497

新しいバージョンの xfsprogs/boot サイズを縮小しなくなる

以前は、RHEL 9.3 の 5.19 バージョンの xfsprogs パッケージにより、/boot サイズが縮小していました。その結果、RHEL 9.2 バージョンと比較すると、/boot パーティション上の使用可能な領域に違いが生じました。この修正により、すべてのイメージの /boot パーティションが 500 MiB ではなく 600 MiB に増加し、/boot パーティションはスペースの問題の影響を受けなくなりました。

Jira:RHEL-7999