第10章 非推奨になった機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 9 で 非推奨 となった機能の概要を説明します。

非推奨の機能は、本製品の今後のメジャーリリースではサポートされない可能性が高く、新たに実装することは推奨されません。特定のメジャーリリースにおける非推奨機能の最新情報は、そのメジャーリリースの最新版のリリースノートを参照してください。

非推奨の機能のサポートステータスは、Red Hat Enterprise Linux 9 では変更されていません。サポート期間については、Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル および Red Hat Enterprise Linux アプリケーションストリームのライフサイクル を参照してください。

現行および今後のメジャーリリースでは、非推奨のハードウェアコンポーネントの新規実装は推奨されません。ハードウェアドライバーの更新は、セキュリティーと重大な修正のみに行われます。Red Hat では、このようなハードウェアの早期交換を推奨します。

パッケージが非推奨となり、使用の継続が推奨されない場合があります。製品からパッケージが削除されることもあります。その場合には、製品のドキュメントで、非推奨となったパッケージと同様、同一、またはより高度な機能を提供する最近のパッケージが指定され、詳しい推奨事項が記載されます。

RHEL 8 には存在するが RHEL 9 では 削除 された機能については、RHEL 9 を導入する際の考慮事項 を参照してください。

10.1. インストーラーおよびイメージの作成

非推奨のキックスタートコマンド

以下のキックスタートコマンドが非推奨になりました。

  • timezone --ntpservers
  • timezone --nontp
  • logging --level
  • %packages --excludeWeakdeps
  • %packages --instLangs
  • %Anaconda
  • pwpolicy

特定のオプションだけがリスト表示されている場合は、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、非推奨ではないことに注意してください。キックスタートファイルで非推奨のコマンドを使用すると、ログに警告が出力されます。inst.ksstrict 起動オプションを使用して、非推奨のコマンド警告をエラーにすることもできます。

Bugzilla:1899167

edge-commit および edge-container ブループリントのユーザーとグループのカスタマイズは非推奨になる

ブループリントでユーザーまたはグループのカスタマイズを指定することは、edge-commit および edge-container イメージタイプでは非推奨になりました。これは、イメージをアップグレードし、ブループリントでユーザーを再度指定しないと、ユーザーのカスタマイズが失われるためです。したがって、既存の OSTree コミット (edge-raw-imageedge-installeredge-simplified-installer など) のデプロイに使用されるエッジイメージタイプのブループリントでユーザーとグループを直接指定する必要があります。

ブループリントでのユーザーまたはグループのカスタマイズの指定は引き続きサポートされていますが、このサポートは最終的に削除される予定であることに注意してください。

Bugzilla:2173928