Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.2.3. 有効にした拡張機能のロックダウン

ユーザーが拡張機能の有効化または無効化を行わないようにするには、org.gnome.shell.enabled-extensions キーをロックします。

手順

  1. マシン全体の設定用に、ローカルデータベースファイルを /etc/dconf/db/local.d/00-extensions に作成します。

    [org/gnome/shell]
    # List all extensions that you want to have enabled for all users
    enabled-extensions=['myextension1@myname.example.com', 'myextension2@myname.example.com']

    enabled-extensions キーは、拡張機能の UUID(myextension1@myname.example.com および myextension2@myname.example.com)を使用して、有効な拡張機能を指定します。

  2. ユーザーの設定を上書きし、ユーザーが /etc/dconf/db/local.d/locks/extensions で設定を変更できないようにします。

    # Lock the list of mandatory extensions
    /org/gnome/shell/enabled-extensions
  3. システムデータベースを更新します。

    # dconf update
  4. システム全体の設定に変更を適用するために、ユーザーは、一度ログアウトしてログインし直す必要があります。

org.gnome.shell.enabled-extensions をロックすると、~/.local/share/gnome-shell/extensions または /usr/share/gnome-shell/extensions にインストールされていても、org.gnome.shell.enabled-extensions キーの一覧に記載されていない拡張機能は GNOME Shell により読み込まれないため、ユーザーが拡張機能を使用することができなくなります。