Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.5. RHEL 8 のグラフィックバックエンド

RHEL 8 では、グラフィカルユーザーインターフェースを構築するプロトコルを 2 つ使用できます。

X11
X11 プロトコルは、X.Org をディスプレイサーバーとして使用します。このプロトコルに基づいたグラフィックスの表示は、オプションでしかなかった RHEL 7 と同じように機能します。
Wayland
RHEL 8 の Wayland プロトコルは、GNOME Shell コンポジターおよびディスプレイサーバーとして使用します。これはさらに Wayland の GNOME Shell として参照されます。Wayland プロコトルに基づいたグラフィックの表示には、X11 と比較して一部相違点と制限があります。

RHEL 8 の新規インストールでは Wayland の GNOME Shell が自動的に選択されます。ただし、「GNOME 環境およびディスプレイプロトコルの選択」 で説明されているように、X.Org に切り替えることや、GNOME 環境とディスプレイサーバーの必要な組み合わせを選択することもできます。

X.OrgGNOME Shell on Wayland よりも優先される環境は、以下のようなごく一部の状況であることに注意してください。

  • VM 環境で使用される Cirrus グラフィックス
  • Matrox グラフィックス
  • Aspeed グラフィックス
  • 仮想マシン環境で使用される QXL グラフィックス
  • 専用ドライバーで使用された場合の Nvidia グラフィックス
重要

Nvidia グラフィックスはデフォルトで、オープンソースドライバーの nouveau を使用します。nouveauWayland で対応しているため、Wayland の GNOME Shellnouveau で制限なく Nvidia グラフィックスを使用できます。ただし、GNOME Shell on Wayland では、プロプライエタリー Nvidia バイナリードライバーを持つ Nvidia グラフィックスの使用に対応していません。この場合は、「GNOME 環境およびディスプレイプロトコルの選択」 で説明されているように、X.Org に切り替える必要があります。

関連情報

  • Wayland が利用できない環境の現在の一覧は、/usr/lib/udev/rules.d/61-gdm.rules ファイルで確認できます。
  • Wayland プロジェクトの詳細は、Wayland ドキュメント を参照してください。