Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第23章 アクティビティーのためのデスクトップ環境の設定

システム管理者は、視覚障害のあるユーザーをサポートするように、デスクトップ環境を設定できます。

アクセシビリティーを有効にするには、以下の手順を実行します。

23.1. アクセシビリティー機能を提供するコンポーネント

視覚に障害のあるユーザーのアクセシビリティーは、Red Hat Enterprise Linux 8 デスクトップの Orca スクリーンリーダーで保証されています。Orca は、デフォルトの RHEL インストールに含まれています。

Orca は、画面から情報を読み取り、以下のコンポーネントを使用してその情報をユーザーに伝えます。

スピーチシンセサイザー
音声出力を提供します。RHEL 8 のデフォルトのスピーチシンセサイザーは eSpeak-NG です。
点字ディスプレイ
触覚出力を提供します。BRLTTY サービスでは、この機能を有効にしています。