1.3. SELinux の例

以下の例は、SELinux がどのようにセキュリティーを向上するかを説明します。

  • デフォルトのアクションは「拒否」です。アクセスを許可する SELinux のポリシールール (ファイルを開くプロセスなど) が存在しない場合は、アクセスが拒否されます。
  • SELinux は、Linux ユーザーに制限をかけられます。SELinux ポリシーには、制限がかけられた SELinux ユーザーが多数含まれます。Linux ユーザーを、制限がかけられた SELinux ユーザーにマッピングして、SELinux ユーザーに適用されているセキュリティールールおよびメカニズムを利用できます。たとえば Linux ユーザーを、SELinux の user_u にマッピングすると、その Linux ユーザーは、(許可が設定されていない限り) sudosu などの setuid (set user ID) アプリケーションを実行したり、そのユーザーのホームディレクトリーにある、害を及ぼす可能性があるファイルやアプリケーションを実行したりできなくなります。
  • プロセスとデータの分離が向上します。SELinux ドメイン の概念により、特定のファイルやディレクトリーにアクセスできるプロセスの定義が可能になります。たとえば、SELinux を実行している場合に、(許可が設定されていない限り) 攻撃者は Samba サーバーを危険にさらすことはできず、その Samba サーバーを攻撃ベクトルとして使用して、その他のプロセス (MariaDB など) が使用するファイルの読み書きを行うことはできません。
  • SELinux は、設定ミスによるダメージを軽減します。Domain Name System (DNS) サーバーはゾーン転送として知られている機能で、互いに頻繁に情報を複製します。攻撃者は、ゾーン転送を使用して、虚偽の情報で DNS サーバーを更新できます。Red Hat Enterprise Linux で BIND (Berkeley Internet Name Domain) を DNS サーバーとして実行すると、ゾーン転送を実行できるサーバーを管理者が制限した場合でも、デフォルトの SELinux ポリシーによりゾーンファイルが阻止されます。 [1] BIND named デーモン自体、およびその他のプロセスにより、ゾーン転送を使用して更新済みです。


[1] DNS サーバーで使用される IP アドレスマッピングへのホスト名などの情報が含まれるテキストファイル。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。