2.5. SELinux の無効化

以下の手順に従って、SELinux を永続的に無効にします。

重要

SELinux が無効になっていると、SELinux ポリシーは読み込まれません。ポリシーは強制されず、AVC メッセージはログに記録されません。したがって、SELinux を実行する利点 はすべて失われます。

Red Hat は、SELinux を永続的に無効にする代わりに、Permissive モードを使用することを強く推奨します。Permissive モードの詳細は「Permissive モードへの変更」を参照してください。

警告

/etc/selinux/configSELINUX=disabled オプションを使用して SELinux を無効にすると、カーネルが SELinux を有効にして起動し、その後のブートプロセスで無効化モードに切り替わります。メモリーリークおよび競合状態によりカーネルパニックが発生する可能性があるため、SELinux を完全に無効にする必要がある場合に 「システムの起動時に SELinux モードの変更」で説明されているように、selinux=0 パラメーターをカーネルコマンドラインに追加して SELinux を無効にすることが推奨されます。

手順

  1. 任意のテキストエディターで /etc/selinux/config ファイルを開きます。以下に例を示します。

    # vi /etc/selinux/config
  2. SELINUX=disabled オプションを設定します。

    # This file controls the state of SELinux on the system.
    # SELINUX= can take one of these three values:
    #       enforcing - SELinux security policy is enforced.
    #       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
    #       disabled - No SELinux policy is loaded.
    SELINUX=disabled
    # SELINUXTYPE= can take one of these two values:
    #       targeted - Targeted processes are protected,
    #       mls - Multi Level Security protection.
    SELINUXTYPE=targeted
  3. 変更を保存して、システムを再起動します。

    # reboot

検証手順

  1. 再起動したら、getenforce コマンドが Disabled を返すことを確認します。

    $ getenforce
    Disabled

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。