Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.5. 一般ユーザーの設定

SELinux ユーザー user_u にマッピングすることで、システムのすべての一般ユーザーを制限できます。

デフォルトでは、管理者権限を持つユーザーを含め、Red Hat Enterprise Linux のすべての Linux ユーザーは、制限のない SELinux ユーザー unconfined_u にマッピングされます。SELinux の制限のあるユーザーにユーザーを割り当てることで、システムのセキュリティーを強化できます。これは、「V-71971 Security Technical Implementation Guide」に準拠するのに役立ちます。

手順

  1. SELinux ログインレコードの一覧を表示します。この一覧には、SELinux ユーザーへの Linux ユーザーのマッピングが表示されます。

    # semanage login -l
    
    Login Name    SELinux User  MLS/MCS Range   Service
    
    __default__   unconfined_u  s0-s0:c0.c1023       *
    root          unconfined_u  s0-s0:c0.c1023       *
  2. 明示的なマッピングのないすべてのユーザーを表す __default__ ユーザーを、SELinux ユーザー user_u にマッピングします。

    # semanage login -m -s user_u -r s0 __default__

検証

  1. _default__ ユーザーが、SELinux ユーザー user_u にマッピングされていることを確認します。

    # semanage login -l
    
    Login Name    SELinux User   MLS/MCS Range    Service
    
    __default__   user_u         s0               *
    root          unconfined_u   s0-s0:c0.c1023   *
  2. 新規ユーザーのプロセスが SELinux コンテキスト user_u:user_r:user_t:s0 で実行されることを確認します。

    1. 新しいユーザーを作成します。

      # adduser example.user
    2. example.user のパスワードを定義します。

      # passwd example.user
    3. root としてログアウトし、新規ユーザーとしてログインします。
    4. ユーザーの ID のセキュリティーコンテキストを表示します。

      [example.user@localhost ~]$ id -Z
      user_u:user_r:user_t:s0
    5. ユーザーの現在のプロセスのセキュリティーコンテキストを表示します。

      [example.user@localhost ~]$ ps axZ
      LABEL                           PID TTY      STAT   TIME COMMAND
      -                                 1 ?        Ss     0:05 /usr/lib/systemd/systemd --switched-root --system --deserialize 18
      -                              3729 ?        S      0:00 (sd-pam)
      user_u:user_r:user_t:s0        3907 ?        Ss     0:00 /usr/lib/systemd/systemd --user
      -                              3911 ?        S      0:00 (sd-pam)
      user_u:user_r:user_t:s0        3918 ?        S      0:00 sshd: example.user@pts/0
      user_u:user_r:user_t:s0        3922 pts/0    Ss     0:00 -bash
      user_u:user_r:user_dbusd_t:s0  3969 ?        Ssl    0:00 /usr/bin/dbus-daemon --session --address=systemd: --nofork --nopidfile --systemd-activation --syslog-only
      user_u:user_r:user_t:s0        3971 pts/0    R+     0:00 ps axZ