4.2. SELinux ブール値で NFS ボリュームおよび CIFS ボリュームの共有に関するポリシーの調整

SELinux ポリシーの記述に関する知識がなくても、ブール値を使用して、ランタイム時に SELinux ポリシーの一部を変更できます。これにより、SELinux ポリシーの再読み込みや再コンパイルを行わずに、サービスが NFS ボリュームにアクセスするのを許可するなどの変更が可能になります。以下の手順では、SELinux ブール値の一覧を表示して、ポリシーで必要な変更を実現するように設定します。

クライアント側の NFS マウントは、NFS ボリュームのポリシーで定義されたデフォルトのコンテキストでラベル付けされます。RHEL では、このデフォルトのコンテキストは nfs_t タイプを使用します。また、クライアント側にマウントされた Samba 共有には、ポリシーで定義されたデフォルトのコンテキストがラベル付けされます。このデフォルトのコンテキストは cifs_t タイプを使用します。ブール値を有効または無効にすると、nfs_t タイプおよび cifs_t タイプにアクセスできるサービスを制御できます。

Apache HTTP サーバーサービス (httpd) による NFS ボリュームおよび CIFS ボリュームへのアクセスおよび共有を許可するには、以下の手順を実行します。

前提条件

  • 必要に応じて、selinux-policy-devel パッケージをインストールして、semanage boolean -l コマンドの出力で SELinux ブール値の詳細を、より明確で詳細な形で取得します。

手順

  1. NFS、CIFS、および Apache に関する SELinux ブール値を特定します。

    # semanage boolean -l | grep 'nfs\|cifs' | grep httpd
    httpd_use_cifs                 (off  ,  off)  Allow httpd to access cifs file systems
    httpd_use_nfs                  (off  ,  off)  Allow httpd to access nfs file systems
  2. ブール値の現在の状態を一覧表示します。

    $ getsebool -a | grep 'nfs\|cifs' | grep httpd
    httpd_use_cifs --> off
    httpd_use_nfs --> off
  3. 指定されたブール値を有効にします。

    # setsebool httpd_use_nfs on
    # setsebool httpd_use_cifs on
    注記

    setsebool-P オプションを使用使用すると、システムを再起動しても変更が持続します。setsebool -P コマンドは、ポリシー全体を再構築する必要がありますが、設定によっては少し時間がかかる場合があります。

検証手順

  1. ブール値が on になっていることを確認します。

    $ getsebool -a | grep 'nfs\|cifs' | grep httpd
    httpd_use_cifs --> on
    httpd_use_nfs --> on

関連情報

  • man ページの semanage-boolean(8)sepolicy-booleans(8)getsebool(8)setsebool(8)booleans(5)、および booleans(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。