3.2. IdM レプリカデプロイメントのパラメーターの設定

ターゲットホストを IdM レプリカとしてデプロイする前に、以下の設定を構成します。

3.2.1. IdM レプリカをインストールするためのベース変数、サーバー変数、およびクライアント変数の指定

IdM レプリカをインストールするためのインベントリーファイルを設定するには、以下の手順を完了します。

手順

  1. 編集するインベントリーファイルを開きます。IdM レプリカとなるホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。FQDN は有効な DNS 名である必要があります。

    • 数字、アルファベット、およびハイフンのみを使用できる。たとえば、アンダーラインは使用できないため、DNS の障害が発生する原因となる可能性があります。
    • ホスト名がすべて小文字である。

      レプリカの FQDN のみが定義されている単純なインベントリーホストファイルの例

      [ipareplicas]
      replica1.idm.example.com
      replica2.idm.example.com
      replica3.idm.example.com
      [...]

      IdM サーバーがデプロイされており、SRV レコードが IdM DNS ゾーンに適切に設定されている場合、スクリプトはその他に必要な値をすべて自動的に検出します。

  2. 必要に応じて、以下のシナリオの中から最も近いものを選んで、インベントリーファイルに追加情報を提供します。

    • シナリオ 1

      自動検出を回避し、[ipareplicas] セクションに記載されているすべてのレプリカが特定の IdM サーバーを使用するようにするには、インベントリーファイルの [ipaservers] セクションにそのサーバーを設定します。

      IdM サーバーとレプリカの FQDN が定義されているインベントリーホストファイルの例

      [ipaservers]
      server.idm.example.com
      
      [ipareplicas]
      replica1.idm.example.com
      replica2.idm.example.com
      replica3.idm.example.com
      [...]

    • シナリオ 2

      または、自動検出を回避して、特定のサーバーで特定のレプリカをデプロイする場合は、インベントリーファイルの [ipareplicas] セクションに、特定のレプリカのサーバーを個別に設定します。

      特定のレプリカ用に特定の IdM サーバーが定義されたインベントリーファイルの例

      [ipaservers]
      server.idm.example.com
      replica1.idm.example.com
      
      [ipareplicas]
      replica2.idm.example.com
      replica3.idm.example.com ipareplica_servers=replica1.idm.example.com

      上記の例では、replica3.idm.example.com が、すでにデプロイされた replica1.idm.example.com を複製元として使用します。

    • シナリオ 3

      1 つのバッチに複数のレプリカをデプロイする場合は、多層レプリカのデプロイメントが役に立ちます。インベントリーファイルにレプリカの特定グループ (例: [ipareplicas_tier1] および [ipareplicas_tier2]) を定義し、Playbook install-replica.yml で各グループに個別のプレイを設計します。

      レプリカ階層が定義されているインベントリーファイルの例

      [ipaservers]
      server.idm.example.com
      
      [ipareplicas_tier1]
      replica1.idm.example.com
      
      [ipareplicas_tier2]
      replica2.idm.example.com \ ipareplica_servers=replica1.idm.example.com,server.idm.example.com

      ipareplica_servers の最初のエントリーが使用されます。次のエントリーは、フォールバックオプションとして使用されます。IdM レプリカのデプロイに複数の層を使用する場合は、最初に tier1 からレプリカをデプロイし、次に tier2 からレプリカをデプロイするように、Playbook に個別のタスクが必要です。

      レプリカグループごとに異なるプレイを定義した Playbook ファイルの例

      ---
      - name: Playbook to configure IPA replicas (tier1)
        hosts: ipareplicas_tier1
        become: true
      
        roles:
        - role: ipareplica
          state: present
      
      - name: Playbook to configure IPA replicas (tier2)
        hosts: ipareplicas_tier2
        become: true
      
        roles:
        - role: ipareplica
          state: present

    • シナリオ 4

      レプリカがデフォルトの firewalld ゾーンではなく、指定した firewalld ゾーンを使用する場合は、インベントリーファイルで指定できます。これは、たとえば、デフォルトとして設定されたパブリックゾーンの代わりに、IdM インストールに内部 firewalld ゾーンを使用する場合に便利です。

      カスタムゾーンを設定しない場合、IdM はサービスをデフォルトの firewalld ゾーンに追加します。事前定義されたデフォルトゾーンは public です。

      重要

      指定した firewalld ゾーンが存在し、永続的である。

      カスタム firewalld ゾーンを使用した単純なインベントリーホストファイルの例

      [ipaservers]
      server.idm.example.com
      
      [ipareplicas]
      replica1.idm.example.com
      replica2.idm.example.com
      replica3.idm.example.com
      [...]
      
      [ipareplicas:vars]
      ipareplica_firewalld_zone=custom zone