2.6.2. Ansible Playbook を使用して、外部 CA を root CA として備えた IdM サーバーのデプロイメント

以下の手順に従って、Ansible Playbook を使用して、外部認証局 (CA) を備えた IdM サーバーをデプロイします。

手順

  1. ansible-playbook コマンドに、インストールの最初ステップの指示を含む Playbook ファイルの名前 (install-server-step1.yml など) を指定して実行します。-i オプションでインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook -v -i <path_to_inventory_directory>/host.server <path_to_playbooks_directory>/install-server-step1.yml

    -v オプション、-vv オプション、または -vvv オプションを使用して、詳細のレベルを指定します。

    コマンドラインインターフェース (CLI) で Ansible Playbook スクリプトの出力を表示できます。次の出力は、失敗したタスクが 0 個のため、スクリプトが正常に実行されたことを示しています。

    PLAY RECAP
    server.idm.example.com : ok=18   changed=10   unreachable=0    failed=0    skipped=21   rescued=0    ignored=0
  2. コントローラー上の ipa.csr 証明書署名要求ファイルを見つけ、これを外部 CA に送信します。
  3. 外部 CA が署名した IdM CA 証明書をコントローラーファイルシステムに配置して、次のステップの Playbook で見つけられるようにします。
  4. ansible-playbook コマンドに、インストールの最終ステップの指示を含む Playbook ファイルの名前 (install-server-step2.yml など) を指定して実行します。-i オプションでインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook -v -i <path_to_inventory_directory>/host.server <path_to_playbooks_directory>/install-server-step2.yml

Ansible Playbook を使用して、外部署名 CA で IdM サーバーをホストにインストールしている。