Menu Close

11.2. カスタマイズされた RHEL ISO システムイメージのベアメタルシステムへのインストール

Red Hat Image Builder を使用して作成した .iso イメージから仮想マシン (VM) を作成できます。

前提条件

  • Image Builder を使用して .iso イメージを作成およびダウンロードしました。
  • 8 GB の USB フラッシュドライブ。

手順

  1. .iso イメージをダウンロードしたディレクトリーにアクセスします。
  2. ブート可能な ISO イメージファイルを USB フラッシュドライブに配置します。
  3. USB フラッシュドライブを、起動するコンピューターのポートに接続します。
  4. USB フラッシュドライブから ISO イメージを起動します。
  5. カスタマイズされた起動可能な ISO イメージをインストールする手順を実行します。

    起動画面に以下のオプションが表示されます。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 のインストール
    • このメディアをテストし、Red Hat Enterprise Linux 8 をインストールします。