Menu Close

第9章 カスタマイズされた RHEL VMDK システムイメージの作成とvSphere へのアップロード

Red Hat Image Builder を使用してカスタマイズされた RHEL システムイメージを作成し、それらのイメージを VMware vSphere クライアントにアップロードできます。

9.1. Image Builder を使用してカスタマイズされた RHEL vmdk システムイメージの作成

Red Hat Image Builder を使用してカスタマイズされたシステムイメージを作成し、それらのイメージを VMware vSphere クライアントにアップロードできます。

手順

  1. ブラウザーで Red Hat Image Builder にアクセスします。

    Red Hat Image Builder ダッシュボードが表示されます。

  2. Create image をクリックします。

    Create image ダイアログウィザードが開きます。

  3. Image output ページで、次の手順を実行します。

    1. Release リストから、使用するリリースを選択します。たとえば、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) を選択します。
    2. Select target environments オプションから、VMWare を選択します。

      Next をクリックします。

  4. Registration ページで、使用する登録のタイプを選択します。これらのオプションから選択できます。

    • Register images with Red Hat - イメージインスタンス、サブスクリプション、insights を Red Hat に登録して接続します。初回起動時にアクティベーションキーを埋め込み、システムを登録する方法の詳細については、Chapter 3, Creating a customized system image with an embed subscription using Red Hat Image Builder を参照してください。
    • Register image instances only - イメージインスタンスとサブスクリプションのみを Red Hat に登録して接続します。
    • Register later - イメージの作成後にシステムを登録します。

      Next をクリックします。

  5. オプション: Packages ページで、イメージにパッケージを追加します。Chapter 4, Adding packages during image creation by Using Red Hat Image Builder を参照してください。
  6. Name image ページで、イメージの名前を入力し、Next をクリックします。名前を入力しない場合は、その UUID によって作成したイメージを見つけることができます。
  7. Review ページで、イメージの作成に関する詳細を確認し、Create image をクリックします。

    Create image ウィザードの手順を完了すると、Image Builder ダッシュボードが表示されます。

  8. 新しいイメージの Status 列に Ready ステータスが表示されたら、Instance 列の Download .vmdk をクリックします。

    .vmdk イメージがシステムに保存され、デプロイメントの準備が整います。