Menu Close

第4章 Red Hat Image Builder を使用したイメージ作成時のパッケージの追加

UI で BaseOS リポジトリーおよび AppStream RHEL リポジトリーからパッケージを追加して、作成プロセス中にイメージをカスタマイズできます。そのため、初回起動時に必要なパッケージをインストールする必要はありません。これは、エラーが発生する可能性があります。

4.1. イメージ作成時の追加パッケージの追加

Image Builder を使用してカスタマイズしたイメージを作成する場合は、BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーからパッケージを追加できます。以下の手順に従って、Red Hat Image Builder を使用して、カスタマイズした RHEL システムイメージを作成する際にパッケージを追加します。

前提条件

  • Insights サブスクリプションを利用していて Red Hat カスタマーポータル のアカウントを持っている。
  • Red Hat Image Builder ダッシュボードへのアクセス。
  • すでに以下の手順が完了している。

    • イメージ出力
    • ターゲットクラウド環境
    • 必要に応じて登録

手順

  1. Additional Package ウィンドウで、以下を実行します。

    1. Available options 検索バーに、イメージに追加するパッケージの名前を入力します。

      必要に応じて、パッケージ名の最初の 2 文字を入力して、利用可能なパッケージオプションを確認できます。パッケージは、Available options のデュアルリストボックスに一覧表示されます。

    2. 追加するパッケージをクリックします。

      1. >> ボタンをクリックして、パッケージ検索結果に表示されるパッケージをすべて Chosen options のデュアルリストボックスに追加します。

        必要に応じて、> ボタンをクリックして、選択したパッケージをすべて追加できます。

    3. 追加パッケージの追加が完了したら、Next をクリックします。
  2. Review ウィンドウで、イメージ作成の詳細を確認します。追加したパッケージの一覧を確認できます。
  3. レビューが完了したら、Create image をクリックしてイメージの作成プロセスを開始します。
  4. Red Hat Image Builder は、x86_64 アーキテクチャーの RHEL イメージの作成を開始し、任意のターゲットクラウド環境にアップロードします。

    Red Hat Image Builder イメージダッシュボードが開きます。イメージの UUID、クラウドターゲット環境、イメージ OS リリース、イメージ作成のステータスなどの詳細を確認することができます。ステータスがReady になると、カスタマイズした RHEL システムイメージを指定されたアカウントと共有します。

    ステータスが以下の通りです。

    • Pending: イメージのアップロードとクラウド登録が処理されています。
    • In Progress: イメージのアップロードとクラウド登録が継続されます。
    • Ready: イメージのアップロードとクラウド登録が完了しました。
    • Failed: イメージのアップロードとクラウドの登録に失敗しました。

      注記

      イメージビルド、アップロード、およびクラウド登録プロセスは、完了に最大 10 分かかる場合があります。