第3章 RHEL 6.10 から RHEL 7.9 へのアップグレード

このセクションでは、RHEL 6 から RHEL 7 へのインプレースアップグレードの主な手順を説明します。

インプレースアップグレードは、主に、システムのアップグレード前の評価と、実際のインプレースアップグレードの 2 段階で構成されます。

  • アップグレード前のフェーズでは、Preupgrade Assistant がシステムから情報を収集して分析し、考えられる修正措置を提案します。Preupgrade Assistant はシステムに変更を加えません。
  • インプレースアップグレードフェーズでは、Red Hat アップグレードツールが RHEL 7 パッケージをインストールし、可能な場合は基本構成を調整します。

RHEL 6 から RHEL 7 へのインプレースアップグレードを実行するには、以下を行います。

  1. Preupgrade Assistant を使用してシステムのアップグレードの可能性を評価し、アップグレードを続行する前にレポートで特定された問題を修正します。詳細な手順は、『RHEL 6 から RHEL 7 へのアップグレード』ドキュメントの「アップグレードの適合性」セクションを参照してください。
  2. Red Hat アップグレードツールを使用して RHEL 7.9 にアップグレードします。詳細な手順は、『RHEL 6 から RHEL 7 へのアップグレード』の「システムを RHEL 6 から RHEL 7 にアップグレード」を参照してください。