第4章 RHEL 8 へのアップグレードのための RHEL 7 システムの準備

このセクションでは、RHEL 8 へのアップグレードを続行する前に、RHEL 7 システムで実行する必要があるアクションを説明します。

RHEL 7 システムを RHEL8 システムへアップグレードするための準備は、次の手順で行います。

  1. GRUB Legacy ブートローダーを GRUB2 に移行します

    アップグレード後も、RHEL 7 は GRUB Legacy ブートローダーを使用します。ただし、GRUB Legacy は RHEL 7 以降のバージョンでは対応していません。したがって、ブートローダーを手動で GRUB2 に移行する必要があります。詳細は、『RHEL 7 システム管理者のガイド』「GRUB Legacy から GRUB 2 へのアップグレード」セクションを参照してください。

  2. インストールされたパッケージの潜在的な問題を解決します。詳細は、「インストールされたパッケージが現在の RHEL メジャーバージョンと一致することを確認」 を参照してください。
  3. カスタムスクリプト System V および Upstart を、systemd サービスに合わせて調整します。

    RHEL 7システムでは、systemdUpstart を init システムとして置き換えます。システムの起動時のシステムサービスの並列起動など、systemd が提供する機能を使用するには、レガシースクリプトの System V および Upstart を、手動で systemd サービスに変換します。詳細は、「Converting traditional sysV init scripts to Red Hat Enterprise Linux 7 systemd unit files」を参照してください。

  4. スクリプトのシステムディレクトリーへのパスを更新します。

    RHEL 7 システムでは、/bin ディレクトリー、/sbin ディレクトリー、/lib ディレクトリー、および /lib64 ディレクトリーは、/usr 内の対応するディレクトリーへのシンボリックリンクに置き換えられました。たとえば、RHEL 8では、/bin は、/usr/bin/ ディレクトリーへのシンボリックリンクです。

    /bin/sbin/lib、および /lib64 が実際のディレクトリーにあることを期待するスクリプトまたはアプリケーションを使用する場合は、それに応じて調整してください。たとえば、スクリプトおよびアプリケーションを次のように更新できます。

    • /usr/bin/ などの /usr 内のパスを使用します
    • /bin/sbin/lib、および /lib64 がディレクトリーではなくシンボリックリンクであることを受け入れます。
  5. YUM 4 API を使用するように YUM スクリプトとプラグインを更新します。

    RHEL 8 は、YUM 3 の Python API に対応しなくなりました。レガシー API を使用するスクリプトまたは YUM プラグインを使用する場合は、それを YUM 4 API に移行します。詳細は「YUM スタックへの主な変更」を参照してください。

  6. アップグレード後に特定のパッケージが見つからない場合は、「トラブルシューティング」の章の「RHEL 7 へのアップグレード後に不足しているパッケージをインストール」セクションを参照してください。
  7. RHEL 8 の導入における検討事項』を確認し、必要に応じてシステムに追加の変更を加えます。
  8. システムを最新の RHEL 7.9 バージョンに更新し、ホストを再起動します。

    # yum update
    # reboot
  9. すべてのアプリケーションとサービスが構成され、期待どおりに機能することを確認します。たとえば、ホストで DNS サーバーを実行している場合は、アップグレード後も構成が有効であること、およびサービスがアップグレード前と同じように機能することを確認します。
  10. 『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレード』「アップグレードに向けて RHEL 7 システムの準備」に記載されている準備手順に従います。