第6章 アップグレード後のタスクの実行

このセクションでは、システムを RHEL 8 にアップグレードした後に実行する必要がある主なアクションを提案します。

具体的には、システムを RHEL 8 にアップグレードしたら、以下のタスクを実行します。

  1. アップグレードされたシステムの状態を確認します。推奨手順の一覧は、『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレード』ドキュメントの「RHEL 8 システムのアップグレード後の状態の確認」の章を参照してください。
  2. 主要な推奨タスクを実行して、システムがサポートされていることを確認します。推奨される手順の一覧は、『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレード』の「アップグレード後のタスクの実行」の章を参照してください。
  3. セキュリティポリシーを再評価して再適用します。詳細な手順は、『RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレード』ドキュメントの「セキュリティーポリシーの適用」セクションを参照してください。
  4. ファイルシステム上でデフォルトの SELinux セキュリティーコンテキストを復元します。

    # restorecon -Rv /

    SELinux セキュリティーコンテキストを復元すると、大きなファイルシステムで時間がかかる可能性があることに注意してください。必要に応じて、-e directory パラメーターを使用して、大規模なファイルシステムまたはリモートファイルシステムを除外できます。詳細は、man ページの restorecon(8) を参照してください。

  5. アップグレード中に処理されなかったアプリケーションを手動で移行します。これは、ベース RHEL から入手できるアプリケーションと、Red Hat Software CollectionsRed Hat Developer Toolset、または Red Hat Developer Tools から提供されるおよびアプリケーションの両方に適用できます。

    RHEL 8 ホストでは、いくつかのユーザー空間コンポーネントがアプリケーションストリームとして配布されます。アプリケーションストリームの使用は、『ユーザー空間コンポーネントのインストール、管理、および削除』ドキュメントを参照してください。

    移行の手順は、各コンポーネントについて、Red Hat カスタマーポータルの RHEL 8 のドキュメント を参照してください。たとえば、データベースの場合は、『さまざまな種類のサーバーのデプロイメント』ドキュメントの「データベースサーバー」の章を参照してください。

  6. インストールされたパッケージの潜在的な問題を解決します。詳細は、「インストールされたパッケージが現在の RHEL メジャーバージョンと一致することを確認」 を参照してください。