Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5.18. zerombr

キックスタートコマンドの zerombr は任意です。zerombr は、ディスク上で見つかった無効なパーティションテーブルを初期化し、無効なパーティションテーブルを持つディスクの中身をすべて破棄します。このコマンドは、フォーマットされていない DASD (Direct Access Storage Device) ディスクを備えたIBM Z システムでインストールを実行する場合に必要です。このコマンドを使用しないと、フォーマットされていないディスクがインストール時にフォーマットされず、使用されません。

構文

zerombr

備考

  • IBM Z では、zerombr を指定すると、インストールプログラムが認識している DASD (Direct Access Storage Device) で低レベルフォーマット処理がなされていないものは、自動的に dasdfmt で低レベルフォーマット処理されます。このコマンドでは、対話型インストール中のユーザー選択も行われません。
  • zerombr が指定されていない場合に、未フォーマットの DASD をインストールプログラムが 1 つ以上認識している場合は、非対話形式のキックスタートを使用したインストールが失敗に終わります。
  • zerombr が指定されていない場合に、未フォーマットの DASD をインストールプログラムが 1 つ以上認識している場合は、認識されている未フォーマットの DASD のフォーマットにユーザーがすべて同意しなければ、対話形式のインストールが終了します。この状況を回避するには、インストール中に使用する DASD のみをアクティベートします。DASD は、インストール完了後にいつでも追加できます。
  • このコマンドにはオプションはありません。