Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.5.10. ファイアウォールゾーンでの作業

ゾーンは、着信トラフィックをより透過的に管理する概念を表しています。ゾーンはネットワークインターフェースに接続されているか、ソースアドレスの範囲に割り当てられます。各ゾーンは個別にファイアウォールルールを管理しますが、これにより、複雑なファイアウォール設定を定義してトラフィックに割り当てることができます。

26.5.10.1. ゾーンの一覧

手順

  1. システムで利用可能なゾーンを確認するには、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --get-zones

    firewall-cmd --get-zones コマンドは、システムで利用可能な全てのゾーンを表示し、特定ゾーンの詳細は表示しません。

  2. すべてのゾーンで詳細情報を表示する場合は、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --list-all-zones
  3. 特定ゾーンに関する詳細情報を表示する場合は、次のコマンドを実行します。

    # firewall-cmd --zone=zone-name --list-all